So-net無料ブログ作成

スポンサードリンク

「トランプ劇場 第2幕」 現実路線に舵を切る?  [日記]

今朝のモーニングサテライトで、浜田宏一内閣官房参与がトランプ氏について、「国家の品格を崩した」と仰っていました。
本当に的を得た言葉です。(^_^;)

次期大統領に決まってから、暴言は封印していますね。
今朝のニュースでは、トランプ氏は首席補佐官に、共和党の本流ライアン下院議長が推薦するプリーバス氏を起用したということです。
このことで「現実路線に舵を切った」としていました。
もともとビジネスマンなので現実的な方だと思います。

三橋貴明氏のブログで、トランプ氏の「財政」についての考えを紹介していました。
トランプ氏は、
「米国政府なのだから、まずデフォルトになることはあり得ない。紙幣を印刷すればいいだけの話だろう」
と今年5月13日に言ったということです。
「言い方はともかく、事実として正しい認識」、としていました。
金融主導による「小さな政府」からの修正もあるのかもしれませんね。

まだまだ情報が混乱しているので何とも言えませんが、AIIBに参加すべきだった、という発言もあり、中国の経済政策については批判的、と報じられています。
選挙中は言いたい放題だったわけですが、さすがに足元の現実を見て、周りの意見にも耳を傾ける大統領らしさが求められますね。

TPPによる自由貿易はアジアでの米国の位置を確保することや、国益にも叶っていると思いますけどね。
安倍首相には粘り強い説明が必要になってくるのでしょうが、現実路線ということで、まだまだ未知数です。

世界が注目しているトランプ氏ですが、この状態に内心「ご満悦」かもしれません。
「トランプ劇場 第2幕」面白くなってきました。

写真は近くの公園に咲いていた花たち。
他にも素敵な花が咲いていましたが、今の季節は山野草ですね。

野菊.JPG


ツワブキの花.JPG


ホトトギス.JPG


野菊の花.JPG


鳩.JPG



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © シニカルを目指すわたしの雑学 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。