So-net無料ブログ作成
検索選択

スポンサードリンク

雑学としての歴史 ブログトップ
前の10件 | -

「不言実行の人」 山本五十六 [雑学としての歴史]

「やって見せ 説いて聞かせて やらせてみ 讃(ほ)めてやらねば 人は動かぬ」
真珠湾攻撃を立案指揮した連合艦隊司令長官・山本五十六の言葉です。
読売新聞の「名言巡礼」で紹介されていました。

続きを読む


近代化の基礎を築いた江戸末期の幕臣 小栗上野介忠順(おぐりこうずけのすけただまさ) [雑学としての歴史]

本日は幕末の偉人、司馬遼太郎は「明治の父」と記した、徳川幕臣小栗上野介忠順(1827~68)の話です。

続きを読む


江戸時代に潜入 宣教師シドッチ [雑学としての歴史]

本日は江戸時代、「最期の潜入宣教師」と呼ばれるジョヴァンニ・バチスタ・シドッチの話です。

続きを読む


江戸時代のロシアブーム [雑学としての歴史]

本日は江戸時代の鎖国下にロシアブームが起きていた、という読売新聞の記事からです。

続きを読む


戦国時代を終らせた、関ヶ原の戦い [雑学としての歴史]

1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦い

天下分け目と言われる関ヶ原の戦いは、1600年(慶長5年)10月21日、豊臣恩顧の武将が東西に分かれ、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とする西軍との間で行われました。
秀吉が亡くなってから2年後になります。

続きを読む


英雄らしくない惨めな秀吉の最期 [雑学としての歴史]

本日は、1598(慶長3年) 秀吉の死です。

続きを読む


勝者なき大乱 「応仁の乱」の著者呉座勇一氏 [雑学としての歴史]

応仁の乱について、国際日本文化研究センターの呉座勇一助教の話です。
読売新聞の12月21日の文化面に、「大乱長期化の実態 克明に」と題して掲載されていたのでシェアしますね。

続きを読む


慶長の役 第二次朝鮮出兵 [雑学としての歴史]

1597(慶長2年) 慶長の役(第二次朝鮮出兵)

第二次朝鮮出兵になります。

続きを読む


トレンド今昔 江戸時代の洒落本「通気粋語伝」 [雑学としての歴史]

日本人は昔も今も変わらない、と思った記事です。

続きを読む


前の10件 | - 雑学としての歴史 ブログトップ
広告スペース
Copyright © シニカルを目指すわたしの雑学 All Rights Reserved.